プラチナカードとは?

 

今は、20歳以上の人は学生も含めて多くの人がクレジットカードを持っていますね。

 

時折聞く、プラチナカードとはクレジットカードの一種です。

 

プラチナカードは、クレジットカードでも最上位のカードであり、様々な特典が受けられるものです。

 

プラチナカードの名称は、ゴールドよりも高い価値と希少性を持つ、プラチナをイメージしたものからのようです。

 

つまり、ゴールドカードよりもさらにランクが高いカード、と言うわけなのですね。

 

プラチナカードの券面の色も、その名称に合わせてプラチナをイメージした銀色のものが多いようです。

 

厳密には、プラチナカードは、アメリカン・エキスプレスが商標登録しているものです。

 

ファースト・ハワイアン・バンク(First Hawaiian Bank)など、海外の銀行が発行するクレジットカードにも”Platinum”の刻印がされているものがあります。

 

国内のクレジットカードも含めて、各クレジットカードには、最上位のランクのカードがあり、それぞれ名称は異なりますが、一般的にクレジットカードでも最上位のカードを“プラチナ”または、“プラチナクラスのカード”と呼ぶことが多いようです。

 

発行している国、また会社によって受けられる特典、サービスは異なります。

 

また、プラチナカードを取得するには、申し込むだけで取得できる場合もあれば、一定の条件を満たさなければ取得できない場合もあります。

 

年会費が高いのもプラチナカードの特徴の一つです。

 

プラチナカードの審査は甘い?厳しい?

 

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済むとても便利なプラチナカードですがカード会社に審査に受からないと利用ができません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンや公共料金など支払い期日があるものはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、引き落とし日に口座にたまたまお金が入っていなかったということもあるので注意しましょう。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

プラチナカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

そこで以前のプラチナカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

ネットで買い物をするときに便利なプラチナカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

仕事先の人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことやプラチナカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低くなることもあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

よくTVCMなどで見るプラチナカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思います。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたクレジットなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてプラチナカードを挙げる人も多いです。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を使ってクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で活用されているプラチナカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要と言われているのがクレジットヒストリーです。

参考:【クレカの極意】クレジットカードの審査に通らない方へ

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に問題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

ローンやプラチナカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収を挙げる人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

その中にはプラチナカード払いのみ可能などほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、プラチナカードを申し込んだ時に審査通らないということがないように重要なポイントをチェックしておきましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると言われています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないので収入が入ってこないのは同じですが、プラチナカードを作る際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いを記載した場合はほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に受かることがあります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。